40代の仕事探し | 正社員(効率的に探す)

転職

平成20年に突入してから、この国の転職活動でこれから40代の仕事探しで正社員となる環境は想像を超えたハードルの高さになっています。

ビルの風景

自分の生まれ育ったあの日本なのか?と、目を疑いたくなるほどです。
30代の転職すら厳しい状況のなか40代の仕事探しで少しでもお役に立てればと思い、知り得ることを書き留めました。

まずその前に、40代の仕事探しで正社員を目指す貴方へ知っていただきたいことがあります。

次の文章には少しショッキングな今の実態が書かれていますが実際に転職体験を元にした現実のことですので次の【対処】へと読み進んでいただき、40代の仕事探しと正社員へのはじめの一歩と思ってくだされば幸いです。

※以降の文体は書き手の感情を抜くため「である調」「体言止め」になってます。

正社員実現を邪魔する過去のプライド

40代まで正社員として培った歴々たる自分の経験は無視されると覚悟した方がいい。20代、30代で築き上げてきた輝かしい数々の実績も。
管理職も経験し多くの部下を育て上げ新プロジェクトから新規部署の立ち上げ、上層部から頼りにされ人事にも意見を言い総務職の全体も知った。

これらのプライドは仕事探しの邪魔をする。

星空

対処法

正社員の座を射るということは文字とおり「ゼロスタート」の初心が肝です。求人する会社側から見ると貴方の過去の実績にハナから感心はないからです。そう考えて次へ臨んむ方がクールで現実的な面接ができます。

40代は企業にとって確実にやめてもらいたい年代

言い換えれば40代はつまり採用したくない人材でもある。正社員として部署長の経験もある40代の幹部経験者は会社から見れば、面倒くさい存在。
一角の実績と経験や部下の人望もあるため会社にとっては極めて使いづらい人材。

ましてや給料も高いため会社としては給料も安く黙って仕事をする20代後半~30代後半の人材が最も使い勝手のいい世代。反面、この世代はやめさせるのも地方駐在を言い渡せば比較的簡単に辞めて行く。

30代のうちに会社が貴方をやめさせなかったのはそのときの会社の都合がよかっただけで、けして40代にずっと残ってほしいなどとは考えていない。
会社にとって40代の人材はすでに賞味期限が切れている状態。会社組織を理想のピラミッド形にするため、トップ(社長)はそばに置きやすい人間だけを残すよう篩いにかけ、漏れた40代以上の人材を徐々に減らしていく。

対処法

新しく仕事探しをするにあたって、嘘でも次の会社への忠誠心のような気持ちを持つべきではありません。仮に面接時に面接官から自社への忠誠心を試すような質問が出たとしても。
また、正社員としての過去の会社の実績や部下たちとの信頼関係など、次の会社にはなんのプラスにもなりません。自慢話にしか聞こえませんから。実績なら事実だけが書かれた履歴書で充分伝わります。

万年筆に紙

あくまでも利益に貢献するために入社したい旨を伝えるだけで充分です。結局のところ会社が欲しい人材は貴方自身ではなく、貴方がもたらしてくれるであろう生み出す利益の可能性のことしか眼中にありませんから。

40代の仕事をハローワークで探してはいけない

年齢不問で探すと200以上ヒットすることもあり、その数に浮かれてはいけない。実態は30歳までしか採用するつもりがない企業がほとんど。ましてや40代の正社員を求人する会社は皆無と思ったほうがいい。

40代にとって、見た目の求人数は錯覚である。

ハローワーク

40代にとってハローワークではまともな仕事探しはできない。求人市場(会社)もハローワークに40代以上の人材を求めていない。ハローワークで無駄な時間を浪費しないこと。

対処法

2ヶ月から半年以内、早急に新しい仕事を探す必要のある方は間違ってもハローワークで時間を浪費しないようご注意ください。貴方の貴重な時間を無駄にしてほしくありません。

砂浜でバカンス

時間効率性を最大にするための時間リスクヘッジとして大手の転職・求人サポート会社のサイトへまずは登録をしてください。
1社だけではなく、最低でも3~4社以上の転職・求人サポート会社へ同時に登録することで時間リスクヘッジになり「果報は寝て待て」の状態もつくれ、自分のポジティブな状況づくりにもプラスになります。

タイトルとURLをコピーしました