モルトン病

モートン病 とは

モートン病 とは | 足の指 第3と第4趾の間を通る神経の圧迫痛

モートン病(モルトン病、morton病)とは、経年によって足の指 第3趾(し)と第4趾の第三関節の間を通る神経への圧迫が続くことでその部分の神経が徐々に瘤状(こぶじょう)となり、ある日を境に歩くときにしびれや痛みを感じる症状です。
タイトルとURLをコピーしました